スポンサーリンク

上記の広告は、30日以上更新がないブログに表示されています。
新たに記事を投稿することで、広告を消すことができます。  

Posted by だてBLOG運営事務局 at

2011年06月13日

岩手・宮城内陸地震から3年と東日本大震災

2008年に発生した「岩手・宮城内陸地震」から14日で3年になります。
12日は、駒の湯温泉で土石流の犠牲となってしまった方々の追悼式があり、参加しました。


挨拶される減災・復興支援機構 木村拓郎理事長

奇しくも11日は3月に発生した「東北地方太平洋沖地震(東日本大震災)」から三ヶ月、そして12日は33年前に「宮城県沖地震」が発生した日です。
この内陸地震の犠牲者だけではなく、前の震災で犠牲となられてしまった方々の為にも、お祈りさせていただきました。


「絆」と刻まれた駒の湯温泉の慰霊碑

被災地の宮城県栗原市耕英地区は本格的な復興へと歩みつつあるなかで、再び未曾有の大震災が発生しました。
内陸地震の発生時、耕英地区に対しては、多くの応援や支援をいただきました。その中には今回津波で被災されてしまった沿岸部のみなさんからのものも数多くありました。

今回、そのみなさんが被災された事を知り、耕英住民は大変心を痛めたと同時に、何か「恩返し」したいという気持ちでいっぱいだった事でしょう。
ただ、耕英地区はとても小さな集落ですし、自分達もまだ復興への過程にある中でもあり、全て支援する事は不可能です。
しかし、今は支援できなくても良いと思います。

まずは、耕英地区が復興する。
復興した姿を見てもらったり、ノウハウを伝える。山間部と沿岸部の違いはあるかもしれませんが、必ず役に立つ事もあるだろうと思います。
そういうカタチでも沿岸部への支援に繋がるんじゃないかと考えています。

東日本大震災では多くの尊い命が奪われてしまいました。
現在もなお多くの方々が避難生活を強いられています。
被災された方々が、一日でも早く元の生活に戻られる事が最優先ではありますが、耕英地区につきましても、今後とも温かい目で見守っていただけますと幸いです。

にほんブログ村 イラストブログ キャラクターデザインへにほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 栗原情報へにほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 宮城情報へ  


Posted by 金澤大輔 at 03:41Comments(0)岩手・宮城内陸地震

2011年01月24日

「耕英.jp」のリニューアルについて



長らく更新してなかったサイト、「耕英.jp」のリニューアルを始めました。

岩手・宮城内陸地震が発生した当時、ネットで「耕英」というキーワードで検索しても、個人のブログや新聞記事のページしかヒットせず、耕英がどんな所で、どんな状況なのか分からない状態でした。

もちろん、情報が何もなかった訳ではなく、各関係機関では様々な情報を発信していました。
ただ、それらの情報を一度で見る事ができるサイトがなかったし、そもそも耕英地区を紹介するサイトすらなかったので、そういう経緯で耕英.jpを制作しました。

しかし、被災地が着実に復旧・復興に向かっている中、制作者の都合で更新が遅れたりして、タイムリーな情報を発信できず、ご迷惑をお掛けした部分もあり、反省しています。

現在、耕英で検索すると、耕英.jpが一番目にヒットします。
今後は、耕英を代表するサイトになれるよう、少しづつではありますが、耕英の魅力を紹介していければと思っています。

【耕英.jp】
http://耕英.jp(日本語JPドメイン)
http://koei.kurikoma.com

にほんブログ村 イラストブログ キャラクターデザインへにほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 栗原情報へにほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 宮城情報へ  


Posted by 金澤大輔 at 15:35Comments(0)岩手・宮城内陸地震

2010年11月05日

被災現場のその後2:冷沢

冷(ひやし)沢は、耕英地区の南部を流れる小さな沢です。
岩手・宮城内陸地震の発生と同時に、谷の両側が大規模に崩落し、ここを通っていた市道馬場駒の湯線も寸断され、通行できなくなってしまいました。
冷沢の崩落現場は、仲間たちの依頼でジオラマを製作した思い入れのある場所でもあり、何度か足を運びました。
崩落から今どのように復旧しているのか、再び訪れてみました。
崩落時の画像もあわせて掲載しています。現在の状態と比較していただければと思います。

【崩落時】


【現在】



【崩落時】


【現在】



【崩落時】


【現在】



【崩落時】


【現在】






そして現在、大規模に崩落した箇所を避けるような形で、下流部に新しい橋が建設されています。
この橋の完成によって、市道耕英開拓線・世界谷地線を経由する迂回ルートが解消されます。

にほんブログ村 イラストブログ キャラクターデザインへにほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 栗原情報へにほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 宮城情報へ  


Posted by 金澤大輔 at 18:53Comments(0)岩手・宮城内陸地震

2010年11月03日

被災現場のその後1:行者滝

今まで更新が滞ってしまい、このブログを楽しみにされていた皆様には、本当に申し訳ありません。

さて、久々に連休ができたので、耕英にある実家にやってきました。

去る9月17日、岩手・宮城内陸地震で通行できなくなっていた「県道築館栗駒公園線」が全面開通し、今までなかなか行く機会がなかった「行者滝」にも、簡単に行く事ができるようになりました。

地震直後に行者滝で撮られた写真では、上流部で発生した土石流に押し流されてきた岩石や樹木で、滝の殆どが埋まっているように見えました。
実際に見てみる前は、滝がどうなっているか少々不安でしたが、現在はそれらが取り除かれ、地震前の姿とはそんなに変わっていないようでした。





ちなみに、以前は滝の上に栗駒水力発電所への取水用の堰があって、滝の方に落ちる水量は少なかったのですが、どうやらその堰が無くなってしまったのか、水量が多くなり迫力も増しているような感じがします。

滝は自然が創り出したもので、無くなってしまったからと言って、テーマパークにある滝のようにコンクリートで造ったりはしないでしょう。行者滝をまた見る事ができるようになって、本当に良かったです。

にほんブログ村 イラストブログ キャラクターデザインへにほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 栗原情報へにほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 宮城情報へ  


Posted by 金澤大輔 at 20:43Comments(0)岩手・宮城内陸地震

2010年06月14日

岩手・宮城内陸地震の発生から2年


「希望の灯り」と駒の湯温泉の被災現場(6月13日)

「岩手・宮城内陸地震」の発生から今日で2年。土石流により7人が犠牲となった「駒の湯温泉」の被災現場で、発生時刻の午前8時43分に合わせ、黙祷を捧げました。


地区住民らによる黙祷(6月14日)

前日の13日には、この場所で慰霊碑の除幕式が行われました。
今回も駒の湯温泉に続く坂道の両側には、数百本のキャンドルが並べられ、火を点すお手伝いをさせていただきました。

昨年のブログの記事では、「希望の灯りは、行方不明者の早期発見を願うご家族の希望になって欲しい」と書きました。それから半月後の再捜索で、行方不明になっていた、お二人のご遺体が発見されました。

建立された慰霊碑には、真ん中に「絆」という文字が大きく刻まれています。
直接的な被災者ではないものの、僕自身もこの地震を通じて「人と人とのつながり」ができました。
実際に被災し、救助や支援を受けられた皆さんにおいては、その事をより実感されている事でしょう。
絆の文字にはそういった思いというものが、込められているのではないか思います。

今後も絆を大切にし、地区の復興のお手伝いができれば、と考えています。

にほんブログ村 イラストブログ キャラクターデザインへにほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 栗原情報へにほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 宮城情報へ  


Posted by 金澤大輔 at 12:30Comments(0)岩手・宮城内陸地震

2010年01月17日

阪神大震災と地震の記録


栗駒山と復旧工事が進む冷沢の崩落現場

今日で阪神大震災の発生から15年を迎えました。
犠牲になった6434人の方々に、心より追悼の意を表します。

岩手・宮城内陸地震が発生した際には、様々なご支援をいただきました。
こういったものの中には、神戸での経験が生かされているのではないかと思います。

先日、帰省した際に耕英地区の仲間から聞きましたが、地震発生2年に向けて「地震の記録誌」作りをしているそうです。
この地震での経験や記録が、もし次に何処かで震災が起こった時に、役立ててもらえるようなものになる事を希望します。


にほんブログ村 イラストブログ キャラクターデザインへにほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 栗原情報へにほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 宮城情報へ  


Posted by 金澤大輔 at 23:14Comments(0)岩手・宮城内陸地震

2009年09月12日

電気復旧から1年−耕英と電気①


市道耕英開拓線沿いに新たに敷設された電力線

昨年の今日9月12日は、岩手・宮城内陸地震以来、停電が続いていた栗原市耕英地区の電気供給が、約3カ月ぶりに復旧した日です。その当日の新聞記事にあった、友達のお父さんがしみじみとした表情で、復旧した照明を見つめている写真がとても印象的でした。

地震前、耕英地区へ供給される電力線、電話線ともに県道築館栗駒公園線沿いに敷設されていました。地震で道路が寸断されたと同時に、それらも寸断されてしまいました。
8月に市道馬場駒の湯線の仮設道路が完成したのに伴い、東北電力が新たに233本の電柱を立てる工事を急ピッチで行い、復旧に至りました。

それから、一年。
「耕英と電気」について、少し書いてみたいと思います。


さて、“耕英開拓の歴史書”とも呼ばれる「風雪とともに」によれば、耕英地区へ電気が導入されたのは、入植から約20年後の1966年(昭和41年)11月19日の事です。
当日は、宮城県知事をはじめ関係機関、栗駒町長ほか議員一同も出席し、地区をあげて「耕英開拓地電気導入事業落成通電式」が盛大に行われました。

実は電気導入へ至るまでには、関係者の大変な苦労がありました。

当時、開拓行政を担っていた宮城県開拓課では、広大な開拓地に住宅が点在し、ふもとからも離れている耕英地区への電力供給には莫大な費用が掛かると見込んでいました。そこで、既に試験導入済みだった「風力」による発電を計画していました。
風力発電の場合、住宅一戸につき発電機一台を設置するだけでよいので、送電設備は必要なく、導入費用も少ないと考えられていたからです。

「風力発電」にするか「東北電力による供給」にするか…導入方式を巡って、度重なる議論が続けられました。

つづく…

にほんブログ村 イラストブログ キャラクターデザインへにほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 栗原情報へにほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 宮城情報へ  


Posted by 金澤大輔 at 11:11Comments(2)岩手・宮城内陸地震

2009年08月17日

株式会社フジタ 耕英治山作業所さんにお邪魔しました。

ここ二ヶ月ほど本業が忙しい事もあって、ジオラマの製作から遠ざかっていました。
製作を再開するにあたって、もう一度自分の目で崩落現場を見て、製作意欲を高めたい!という訳で、帰省がてら栗原市耕英にやってきました。

まず最初に訪れた先は、ジオラマでも製作した「冷沢(ひやしざわ)」の崩落現場で、復旧工事をされている、株式会社フジタ 東北支店 耕英治山作業所さんです。

実は耕英治山作業所の坂井所長さんが、7月5日の「吉川忠英チャリティーコンサート」で展示されていた、ジオラマをご覧になって、後日、ご感想をメールでいただきました。そういった事もあり、ぜひ一度訪れてみたいと思っていました。


株式会社フジタ 耕英治山作業所さん



ジオラマを見ながら工事内容を説明していただいた、坂井所長さん(右)と吉岡さん

耕英治山作業所さんでは、復旧工事に関する情報を積極的に公開されています。
事務所内には多くの写真や資料が見やすく貼られている他、月一回、工事の内容や進捗状況を伝える「こうえいホットライン」を制作し、住民に配布しているそうです。

また、「がんばろう耕英」のスローガンやくりこま耕英震災復興の会の「山にカエル!復興ステッカー」があちこちに貼ってありました。
工事を通じて、耕英の復興を応援していただいているんだなぁという気持ちが伝わってきて、本当に嬉しいです。
今後ともよろしくお願いします。

 ▼こちらもよろしくお願いします▼
にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 宮城情報へにほんブログ村 イラストブログ キャラクターデザインへ  


Posted by 金澤大輔 at 23:36Comments(0)岩手・宮城内陸地震

2009年07月04日

駒の湯温泉行方不明者発見のニュースを聞いて



駒の湯温泉で土石流に巻き込まれ、行方不明になっていた従業員お二人が、先日1日に遺体で発見されました。
発見に至るまで、ご家族がどのようなお気持ちで過ごされてきた事、実際に捜索活動をされた関係者のご苦労というものは計り知れませんが、見つかって本当に良かったです。
ご冥福をお祈りいたします。

  ▼こちらもよろしくお願いします▼
にほんブログ村 地域生活(街) 東日本ブログ 栗原情報へにほんブログ村 イラストブログ キャラクターデザインへ  


Posted by 金澤大輔 at 06:42Comments(2)岩手・宮城内陸地震

2009年06月14日

岩手・宮城内陸地震から1年

岩手・宮城内陸地震の発生から、今日で1年になります。
今日は栗原市主催の慰霊祭が行われる為、前日の13日に住民団体主催のイベント「6.14 栗原 ありがとう、この1年」が市内3ヵ所で行われました。
その中の一つ、地元・耕英地区で行われたイベントに参加しました。

式典は地区の観光施設で一時避難所にもなった、「山脈(やまなみ)ハウス」で行い、その後、「駒の湯温泉」の被災現場へ移動しました。

駒の湯温泉は江戸時代から続く歴史ある温泉で、耕英がまだブナの原生林に覆われて何も無かった頃、ここに部屋を借り、開拓を始めたと聞いています。
その“耕英開拓の原点”と呼ばれる温泉宿が土石流に飲み込まれ、尊い命が失われてしまいました。まだ見つかっていない方もいて、捜索が続けられています。



駒の湯温泉に続く坂道の両側に、地震発生日の数字に合わせ、614本のキャンドル入りグラスが並べられました。



このキャンドルに灯される火は、阪神大震災の「1.17希望の灯り」から分灯されたもので、遥々、神戸より運ばれてきました。
一つ一つ参加者によって、希望の灯りがキャンドルに灯されていきます。



キャンドルの灯りに導かれ進んだ先、被災現場を見渡せる小高い場所に祭壇が置かれていました。
参加者たちはそれぞれの想いとともに焼香し手を合わせました。

希望の灯りは、行方不明者の早期発見を願うご家族の希望になって欲しいと強く感じました。

  ▼こちらもよろしくお願いします▼
にほんブログ村 地域生活(街) 東日本ブログ 栗原情報へにほんブログ村 イラストブログ キャラクターデザインへ  


Posted by 金澤大輔 at 23:57Comments(2)岩手・宮城内陸地震
プロフィール
金澤大輔
金澤大輔
東京在住のしがない会社員。
小学校時代を耕英の山の中で過ごしました。
実家は2008年の岩手・宮城内陸地震により半壊し、避難指示で仮設住宅に避難していましたが、現在は、おかげ様で元の家に戻る事ができました。ありがとうございます。

この栗おやじというキャラクターを通じて、「岩手・宮城内陸地震があった事」「復興に向けて頑張っているおやじ(人)達がいる事」を伝えていきたいと思います。

Daisuke Kanazawa

バナーを作成
Twitter



メッセージ
QRコード
QRCODE
※カテゴリー別のRSSです
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 4人