スポンサーリンク

上記の広告は、30日以上更新がないブログに表示されています。
新たに記事を投稿することで、広告を消すことができます。  

Posted by だてBLOG運営事務局 at

2009年01月17日

阪神大震災の日に思う事


岩手・宮城内陸地震の最大の被災地・駒の湯温泉。尊い人命とともに開拓の原点を失った。

14年前の今日、「阪神・淡路大震災」が発生しました。
朝、起きて「関西って地震起こるんだ?」ぐらいの感覚でテレビを付けたら、ビルや高速道路は倒壊し、建物は火災によって燃えている映像が映し出されていました。それを観た瞬間、強い恐怖感に襲われたのを覚えています。

それから13年後、今度は私の故郷で、岩手・宮城内陸地震が発生します。
やはり最初、「何で栗駒の山ん中で地震なんか起こるんだ?」と…

神戸のような大都市と栗原市耕英とでは、人口も規模も産業も違います。
しかし、地震が起こったという事実には変わりなく、被災者の受けた苦しみも、そんなに違いはないと思います。

大地震はいつどこで起こるか、わかりません。
日頃から、大地震が起こった時に被害を最小に抑える努力や心構えをしておく事が重要です。
その為にも、今回の地震の記憶を風化させてはいけないと改めて感じました。

▼こちらもよろしくお願いします▼
にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 宮城情報へにほんブログ村 イラストブログ キャラクターデザインへ  


Posted by 金澤大輔 at 23:27Comments(0)岩手・宮城内陸地震
プロフィール
金澤大輔
金澤大輔
東京在住のしがない会社員。
小学校時代を耕英の山の中で過ごしました。
実家は2008年の岩手・宮城内陸地震により半壊し、避難指示で仮設住宅に避難していましたが、現在は、おかげ様で元の家に戻る事ができました。ありがとうございます。

この栗おやじというキャラクターを通じて、「岩手・宮城内陸地震があった事」「復興に向けて頑張っているおやじ(人)達がいる事」を伝えていきたいと思います。

Daisuke Kanazawa

バナーを作成
Twitter



メッセージ
QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 4人