2009年02月09日

新・被災地ジオラマ製作(第2回)

またまた僕の無計画さが露呈してしまいました…
当初、前回と同じサイズの板(横45センチ×縦30センチ)で製作すると決めていました。しかし、今後、製作範囲を拡げたり、ジオラマ同士を連結するとなると、そのサイズでは問題がある事に気付きました。

本来ならば、でっかい一枚の板でババーンと作りたいところですが、狭い作業スペースの問題と移動のし易さを考えると、分割して製作せざる負えない事情があります。
しかも、ただ機械的に分割すればイイという訳でもなく、「どこで分割するか」も重要になってきます。

それには、できるだけ一枚もしくは複数枚の板(範囲)に、「象徴的な被災現場を収め、わかりやすく伝えたい」という考えがあるからです。
板のサイズの変更は、作業と表現の両面からも有益なものになるだろうと思います。



そんな訳で、当面の製作予定箇所と分割ポイントを決めたのが、上の図です。



新しい板のサイズは、横幅が拡がり、横60センチ×縦30センチになります。
一部、作り始めていたんですが、拡がった部分をつくらないと…


▼こちらもよろしくお願いします▼
にほんブログ村 地域生活(街) 東日本ブログ 栗原情報へにほんブログ村 イラストブログ キャラクターデザインへ



同じカテゴリー(ジオラマ製作関連)の記事画像
新ジオラマ発表(ひっそりと)
ジオラマ製作関連移動のお知らせ
淑徳短大「淑徳祭」に行ってきました。
ジオラマ発送完了
新・被災地ジオラマ製作(第30回):荒砥沢Ⅲ編3
新・被災地ジオラマ製作(第29回):荒砥沢Ⅲ編2
同じカテゴリー(ジオラマ製作関連)の記事
 新ジオラマ発表(ひっそりと) (2011-06-14 04:57)
 ジオラマ製作関連移動のお知らせ (2009-12-01 01:59)
 淑徳短大「淑徳祭」に行ってきました。 (2009-11-26 09:35)
 ジオラマ発送完了 (2009-10-23 08:16)
 新・被災地ジオラマ製作(第30回):荒砥沢Ⅲ編3 (2009-08-29 11:07)
 新・被災地ジオラマ製作(第29回):荒砥沢Ⅲ編2 (2009-08-24 08:35)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

プロフィール
金澤大輔
金澤大輔
東京在住のしがない会社員。
小学校時代を耕英の山の中で過ごしました。
実家は2008年の岩手・宮城内陸地震により半壊し、避難指示で仮設住宅に避難していましたが、現在は、おかげ様で元の家に戻る事ができました。ありがとうございます。

この栗おやじというキャラクターを通じて、「岩手・宮城内陸地震があった事」「復興に向けて頑張っているおやじ(人)達がいる事」を伝えていきたいと思います。

Daisuke Kanazawa

バナーを作成
Twitter



メッセージ
QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 4人
削除
新・被災地ジオラマ製作(第2回)
    コメント(0)