2009年04月02日

新・被災地ジオラマ製作(第5回)

ジオラマ製作が全くと言っていいほど、進んでいません。
この間に、皆様からご心配をいただき、申し訳ありませんでした。

さて、当面の計画として、窓滝〜冷沢〜荒砥沢ダムまでの範囲のジオラマを製作する事は既にお伝えしているとおりです。

今回のジオラマは前回と違い、一つ一つを見せるというよりは、ジオラマ同士を連結する事を念頭において製作しています。その為、連結した時に一体とならなければなりません。

従来通り、一つ一つ全て完成させる方法では、統一感のようなものを出すのは難しいのではないかと思います。しかも、実際に200メートル以上、ジオラマでも10センチ以上の高低差がありますので、確実に高さを合わせる必要があります。

そこで、まずはスチレンボード貼り付けによる、土台を完成させる作業を優先させます。まぁこれが一番重要かつ面倒な作業になりますので、土台さえ出来てしまえば、全体の完成も近づくのではないかと考えています。



上図はジオラマの製作範囲を示したものです。
一応、製作する場所を名付ける事にしました。
北側から、「窓滝」「冷沢」「荒砥沢Ⅰ〜Ⅲ」となっています。



既に土台が完成した「冷沢」の北側である、窓滝までの範囲を製作に取り掛かりました。

▼こちらもよろしくお願いします▼
にほんブログ村 地域生活(街) 東日本ブログ 栗原情報へにほんブログ村 イラストブログ キャラクターデザインへ



同じカテゴリー(ジオラマ製作関連)の記事画像
新ジオラマ発表(ひっそりと)
ジオラマ製作関連移動のお知らせ
淑徳短大「淑徳祭」に行ってきました。
ジオラマ発送完了
新・被災地ジオラマ製作(第30回):荒砥沢Ⅲ編3
新・被災地ジオラマ製作(第29回):荒砥沢Ⅲ編2
同じカテゴリー(ジオラマ製作関連)の記事
 新ジオラマ発表(ひっそりと) (2011-06-14 04:57)
 ジオラマ製作関連移動のお知らせ (2009-12-01 01:59)
 淑徳短大「淑徳祭」に行ってきました。 (2009-11-26 09:35)
 ジオラマ発送完了 (2009-10-23 08:16)
 新・被災地ジオラマ製作(第30回):荒砥沢Ⅲ編3 (2009-08-29 11:07)
 新・被災地ジオラマ製作(第29回):荒砥沢Ⅲ編2 (2009-08-24 08:35)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

プロフィール
金澤大輔
金澤大輔
東京在住のしがない会社員。
小学校時代を耕英の山の中で過ごしました。
実家は2008年の岩手・宮城内陸地震により半壊し、避難指示で仮設住宅に避難していましたが、現在は、おかげ様で元の家に戻る事ができました。ありがとうございます。

この栗おやじというキャラクターを通じて、「岩手・宮城内陸地震があった事」「復興に向けて頑張っているおやじ(人)達がいる事」を伝えていきたいと思います。

Daisuke Kanazawa

バナーを作成
Twitter



メッセージ
QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 4人
削除
新・被災地ジオラマ製作(第5回)
    コメント(0)