スポンサーリンク

上記の広告は、30日以上更新がないブログに表示されています。
新たに記事を投稿することで、広告を消すことができます。  

Posted by だてBLOG運営事務局 at

2008年10月31日

グッズ作りました

この栗おやじというキャラクターを通じて「地震の事」「頑張っているおやじ(人)達がいる事」を伝え、被災地の復興を応援していこうという目的があります。
では、具体的にどうするか?
インターネット上で情報を伝えていくのも大切な事であるとは思いますが、ネットなんか全然見ないという方もいらっしゃると思います。
そのような方も含め、より多くの方に栗おやじを知っていただきたく、この度、キャラクターグッズを制作しました。

第一弾は、エコ活動しながら復興を応援できちゃう、エコバッグです。
近年、環境問題やエコロジーの観点から、スーパーのレジ袋有料化や廃止の動きもあり、身近にできるエコ活動として、レジ袋を使わず、エコバッグを持参する光景も珍しいものではありません。




デザインは従来の復興グッズ?にあるような「がんばろう○○」とかの文字は敢えて入れていません。キャラクターのみです。
その分、メッセージ性は弱まってしまうかもしれませんが、逆に弱まる事で、他のキャラクターグッズのように、受け入れてもらえるのではないかと考えました。
せっかくグッズを作っても、実際に使っていただけないと意味がありません。まずは使っていただく事が、アピールにつながるのではないかと思います。

このエコバッグはイベントを通じて販売していこうと考えています。
正式に決まり次第、お知らせします。
(画像は試作段階のものです。実際の色や素材感とは異なる場合があります。ご了承ください。)

▼こちらもよろしくお願いします▼
にほんブログ村 地域生活(街) 東日本ブログ 栗原情報へにほんブログ村 イラストブログ キャラクターデザインへ  


Posted by 金澤大輔 at 22:41Comments(0)栗おやじ関連

2008年10月27日

ストーリー










6月14日朝、栗駒山一帯は激しい地震の揺れに襲われました。
いちごちゃんの住む畑は割れ、いわなくんの住む渓流は土砂で埋まってしまいました…

ふるさとの危機を目の当たりにした栗おやじは、愛する土地と仲間を救う為、立ち上がります。

▼こちらもよろしくお願いします▼
にほんブログ村 地域生活(街) 東日本ブログ 栗原情報へにほんブログ村 イラストブログ キャラクターデザインへ  


Posted by 金澤大輔 at 07:54Comments(0)ストーリー

2008年10月23日

いわなくん

いわなくん
清流に住む幻の魚。にごった水と人付き合いがちょっと苦手。

[メモ]
イワナ(岩魚)は冷たく綺麗な水を好み、河川の最上流に生息する魚です。
耕英地区は1969年に日本で初めて養殖に成功した、「イワナ養殖発祥の地」でもあります。

▼こちらもよろしくお願いします▼
にほんブログ村 地域生活(街) 東日本ブログ 栗原情報へにほんブログ村 イラストブログ キャラクターデザインへ  


Posted by 金澤大輔 at 20:23Comments(0)キャラクター紹介

2008年10月23日

いちごちゃん

いちごちゃん
ふたり姉妹。赤い方が姉で白い方が妹。栗おやじの森の近くの畑に住んでいる。

[メモ]
耕英地区は高地の冷涼な気候を生かしたイチゴの名産地です。
イチゴって事でかわいらしく女の子という設定です。一人っ子じゃ寂しいので、姉妹にしたのですが、同じ顔なのでどっちが姉で妹か区別が付かず…結局、熟していない方(白い方)を妹にしてみたんですが、ちょっと具合悪い子みたいですね。

▼こちらもよろしくお願いします▼
にほんブログ村 地域生活(街) 東日本ブログ 栗原情報へにほんブログ村 イラストブログ キャラクターデザインへ  


Posted by 金澤大輔 at 20:21Comments(0)キャラクター紹介

2008年10月23日

栗おやじ

栗おやじ
生まれも育ちも栗駒山。ふだんはおとなしく無口だが、本当は熱い情熱を秘めている。ふるさとの危機を救おうと日々奮闘する。

[メモ]
栗は栗でもおやじです。ふつうキャラクターといえば、かわいらしいものですが、敢えておやじにしています。(理由は別の所に書いてます)
一応、家族がいる設定なんで、ゆくゆくは登場させたいと考えています。

▼こちらもよろしくお願いします▼
にほんブログ村 地域生活(街) 東日本ブログ 栗原情報へにほんブログ村 イラストブログ キャラクターデザインへ  


Posted by 金澤大輔 at 20:20Comments(0)キャラクター紹介

2008年10月23日

はじめに



2008年6月14日午前8時43分頃発生した「岩手・宮城内陸地震」で、宮城県栗原市栗駒山の中腹にある耕英地区は甚大な被害を受けました。
そこに暮らす人達の生活は地震の日を境に一変し、現在もなお不自由な避難生活が続いています。

しかし、厳しく辛い状況に負けず、地震直後から復興に向けて一生懸命立ち上がろうとしている人達がいます。中心にはおやじ達の姿がありました。
そのおやじ達に敬意を表して、栗原市と栗駒山の頭文字である “栗”に頑張っている “おやじ”を重ね合わせた「栗おやじ」というキャラクターを考案しました。

大部分の人達にとって地震の記憶は、時間の経過とともに徐々に薄れ、風化していくだろうと思います。
いつかどこかで栗おやじを見かけた時、「地震があった事」「頑張っているおやじ(人)達がいる事」を思い出していただければ幸いです。

金澤大輔(作者)


▼こちらもよろしくお願いします▼
にほんブログ村 地域生活(街) 東日本ブログ 栗原情報へにほんブログ村 イラストブログ キャラクターデザインへ  


Posted by 金澤大輔 at 17:50Comments(0)はじめに
プロフィール
金澤大輔
金澤大輔
東京在住のしがない会社員。
小学校時代を耕英の山の中で過ごしました。
実家は2008年の岩手・宮城内陸地震により半壊し、避難指示で仮設住宅に避難していましたが、現在は、おかげ様で元の家に戻る事ができました。ありがとうございます。

この栗おやじというキャラクターを通じて、「岩手・宮城内陸地震があった事」「復興に向けて頑張っているおやじ(人)達がいる事」を伝えていきたいと思います。

Daisuke Kanazawa

バナーを作成
Twitter



メッセージ
QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 4人