スポンサーリンク

上記の広告は、30日以上更新がないブログに表示されています。
新たに記事を投稿することで、広告を消すことができます。  

Posted by だてBLOG運営事務局 at

2009年10月24日

「Kurikoma Gio-Site(栗駒ジオサイト)」公開



今ではこのブログのメインになってしまった「被災地ジオラマ」ですが、この度、「Kurikoma Gio-Site(栗駒ジオサイト)」というジオラマを紹介するホームページを作りました。よろしくお願いします。

栗駒ジオラマ紹介サイト:Kurikoma Gio-Site(栗駒ジオサイト)
http://gio.kurikoma.com/


にほんブログ村 イラストブログ キャラクターデザインへにほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 栗原情報へにほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 宮城情報へ  
タグ :ジオラマ


Posted by 金澤大輔 at 21:43Comments(0)お知らせ

2009年10月23日

ジオラマ発送完了

ブログの更新が滞ってしまい、申し訳ありません。

一昨日、被災地ジオラマが栗原市耕英から送られてきました。
被災地でボランティア活動をされていた淑徳大学さんから、学園祭での発表展示で使いたいというご依頼があり、その準備のために一旦僕の元に戻してもらいました。

このジオラマは、僕が初めて作ったジオラマです。
完成した当初、河北新報に写真付きで掲載していただいたり、くりこま耕英震災復興の会が出店した復興イベントでの展示、NHKアナウンサー新井信宏さんと生放送番組で二度共演株式会社フジタ耕英治山作業所さんでは、工事内容の説明に使われたりと大活躍でした。

しかし、その後製作した新シリーズの被災地ジオラマと比べると、表現できなかった部分もあります。
今回、淑徳大学さんへ向けて発送するまでの短時間ではありましたが、補修を兼ねて、少し手直しをしてみました。


【before】


【after】(1)


【after】(2)

画像ではあまり変化しているようには見えないかもしれません(笑)
具体的には、①緑一色だった森林の部分に明るい緑色を追加。②倒れた木に土を追加。③沢の部分に水の流れを追加。④道路に亀裂を追加などの作業しました。

今週末より、淑徳大学さんの他、仙台の大学2校でも、ジオラマの展示があるようです。
何処かしらで、ジオラマを見かけた際は、よろしくお願いします。

追伸:Kurikoma Gio-Site(栗駒ジオサイト)にジオラマ展示情報を掲載しました。

【お知らせ】
ジオラマ関連の話題は、下記のサイトに移動します。
よろしくお願いします。


栗駒ジオラマ紹介サイト:Kurikoma Gio-Site(栗駒ジオサイト)

にほんブログ村 イラストブログ キャラクターデザインへにほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 栗原情報へにほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 宮城情報へ  


Posted by 金澤大輔 at 08:16Comments(0)ジオラマ製作関連

2009年10月01日

シャチとの出会い



先日、JR東日本の「びゅう」で、千葉県鴨川市にある水族館「鴨川シーワールド」行きの格安ツアーを見つけました。
ツアーといっても、東京駅から安房鴨川駅までの往復のJR特急指定券とシーワールド入園料だけです。
普通に買うと、8020円(交通費)+2800円(入園料)のところが、5000円ポッキリだったんで、行ってみることにしました。



鴨川シーワールドといえば、まず思い浮かべるのが「シャチ」ですね。



シャチの持つ“類まれな身体能力”を遺憾なく発揮するショーは迫力満点です。



5メートル近い巨大な体がジャンプして着水すれば、水しぶきも凄まじい。



確かにシャチは凄い!イルカのショーなんて目じゃない。



シャチだけじゃなく、シャチのトレーナーさんも“類まれな身体能力”を持っているに違いない(笑)



ちなみに今回のツアーで密かに楽しみにしていたのは「特急電車」でした。
普段、新幹線に乗る機会はあっても、在来線の特急に乗る機会がないからです。
でも、終始寝てしまったので、残念ながらよく覚えていません…

にほんブログ村 イラストブログ キャラクターデザインへにほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 栗原情報へにほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 宮城情報へ  

Posted by 金澤大輔 at 01:33Comments(0)作者の日常
プロフィール
金澤大輔
金澤大輔
東京在住のしがない会社員。
小学校時代を耕英の山の中で過ごしました。
実家は2008年の岩手・宮城内陸地震により半壊し、避難指示で仮設住宅に避難していましたが、現在は、おかげ様で元の家に戻る事ができました。ありがとうございます。

この栗おやじというキャラクターを通じて、「岩手・宮城内陸地震があった事」「復興に向けて頑張っているおやじ(人)達がいる事」を伝えていきたいと思います。

Daisuke Kanazawa

バナーを作成
Twitter



メッセージ
QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 4人